2007年10月06日

定期診断

昨日、今までと違う病院病院に行ってきました。

先月の定期診断が、ヒートの為行けず。

で、昨日行って来ました。

仕事関係の、エライさんが紹介してくださった病院病院へ。

ここは、東京・大阪・兵庫の整形病院とも提携されていて、良い病院病院で安い!らしい!(笑)




【診断結果】



外方脱臼は・・・


レベルTをつける必要もないですよ〜!


と・・・言われました。



『へっ!? ( ̄u ̄? ・・・・・・』

しばらく、放心しました。。。σ) ̄д ̄)ツンツン



今までの苦労はナンだったのexclamation&question

と、思いましたが・・・。



【先生の診断のお言葉】

『病院の先生ごとの、『主観』がありますね。

(主観と客観がありますね〜。主観は、その人の考え。客観は第三者の考えなんですよ。って親切過ぎるくらい、ご教授賜ってまいりましw)

私は、これを外方脱臼と診断しません。

もし、これでも心配なら、サードオピニオンを紹介します。


ダックスの足の膝は、人間の指で簡単に横にズラす事が、出来ます。
(実際に私もやらされました(;^_^A アセアセ…)

これを、外方脱臼と診断したんでしょうね。

今のレントゲン写真を見た限りでは、外方脱臼になりうる可能性があるという程度です。

8ヶ月になり、初診の時より骨格がしっかりしてきた事と、生活習慣を徹底していたコトもあるでしょうね。

外方脱臼と確定するには、まだ8ヶ月なので、これからの生活週間で変わる事もあるますよ。

1時間くらい歩かせたり、ダッシュで走らせたり、走ってひねった時に、外方脱臼になる子がいるから、やめて下さいね。

あと、それが要因で、ヘルニアになる子が、今はとても多いです。

なので、これからは普通の生活をしてもいいですよ。』



との事exclamation×2exclamation×2



やったーーーーわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)





参考までに、ルイの外方脱臼の履歴を・・・

【ルイの通院履歴】

@びっこをひいて歩いてた、【6月14日(生後4ヶ月)の日記】

  右この時、『レッグペルテス』か『外方脱臼』の可能性があると診断されました。


A『外方脱臼』と診断された、【7月4日(生後5ヶ月)の日記】

  右この時、生後8ヶ月頃に、悪化した場合は手術と言われました。
   早めに手術した方が良いと・・・。


B『外方脱臼』レベルT〜Uの間になっていると診断された、【8月3日(生後6ヶ月)の日記】

  右悪化したら、手術との見解は変わらず・・・でした。





これで、安心という訳ではないですが、これからは走っても良いと。

やっと・・・これで普通のワンコと同じ様に、遊ぶコトが出来ます犬(笑)るんるん

まだまだ、生活習慣は徹底して、油断せず、このままを続けて行こうと思います。

昨日は、母はルイが走っている夢ぴかぴか(新しい)を見たそうです。

私も嬉しくて・・・顔(泣)

みなさん、本当にたくさんのアドバイス、ありがとうございました。


ルイ黒ハートいっぱい遊びたい時期に、本当に良く頑張ったね黒ハート






ニックネーム 佑ちゃん at 11:09| Comment(16) | TrackBack(0) | 病院関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

また吐いちゃった

昨日、ルイが朝5時に吐きました犬(泣)

そして15時にまた吐いた犬(泣)

フードを全部吐いたみたいです。

病院にすぐphone toして聞くと、やっぱりもうやだ〜(悲しい顔)

『なんとも言えませんが、ヒート中ですので、一度連れて来て頂いて・・・。』

もう病院が信用出来なくなってきました。

結局金もうけなんじゃんexclamation×2

まだ早すぎるヒートだったルイ。




おかあさんと協議の結果、(多少病院の意見も取り入れつつ・・・だって素人なんだもんw)

夕飯を抜こう!

人間の子供ちゃんと一緒だと思えばいい!

で・・・今日絶好調でした犬(笑)グッド(上向き矢印)

もうヒートも終わったみたいです。

ヒートの終わりってどこで区別つけるんでしょうか?

とにかく、明日からお散歩再開よっダッシュ(走り出すさま)

足鍛えないとイケナイからねexclamation×2

大好きなルイ黒ハートまたお散歩一緒に行こうねわーい(嬉しい顔)揺れるハート


※9月いっぱいまで、仕事の都合で、コメがマッタクもって出来ない状況になっています。

皆様、ごめんなさいm(_ _"m)ペコリ
ニックネーム 佑ちゃん at 23:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 病院関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

嘔吐後

ご心配おかけしました。

ルイ、1時間ほど起きて、おもちゃで遊んでたので、大丈夫かと思います。
でも、ご飯の残りは食べませんでした。
吐いた時のいつもの事なので、大丈夫だと思います。


今、吐いたものを、ゴミ箱からあさって、見てみたら1/3ほど食べてたみたいです。
固形のまま吐いてました。

コメくれた方のご意見参考に、思ったんですが、フィラリアの薬と抗生物質を一気にあがたのが悪かったのかもしれません。

明日、病院に聞いて来ます。

ご心配おかけして、ほんっとにごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

ルイは元気な子なので、大丈夫ですので、ご安心を〜exclamation×2
ニックネーム 佑ちゃん at 23:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 病院関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定期診断・・・の後、吐いちゃった(+ +;)

『外方脱臼』と『レッグペルテス』と『健康診断』に、行って来ました。

【診断結果】
『レッグペルテス』は、ほとんど大丈夫!
ただ、これから出る可能性は、少〜しはあるそうです。

『外方脱臼』は、レベルT〜Uのところにいるとの診断。

右後ろ足のお皿が、キレ〜にズレてました。
悪化したら、手術の見解は変わらずでした。
でも、成長期の骨の形成と筋肉は、順調に出来てるそうです。
悪化はしていないし、関節炎も起こしてないとのコト。


ルイ自身も痛みもないでしょう。とのことでした!



悪化してなかった!!!

良かった〜〜〜〜!!


そして。
少しくらいなら走ってもいいとの事でした〜犬(笑)るんるん

これからやっと他のワンコ達と同じ様に、お散歩が出来ますexclamation×2
走ってるワンコが羨ましくて仕方なかった。
同じくらいの年齢のワンコが走ってると、なおさら羨ましくて仕方なかったんです。
だから、すごく嬉しいexclamation×2



あと、食事はドックフードにするようにと固く言われました。
フードは栄養価がしっかり配分されていて、栄養が偏らないので、フードにするようにとの事でした。



あと・・・
ネットで勉強してやっていた『屈伸運動』ですが・・・
やらない方がいいらしいですあせあせ(飛び散る汗)
屈伸するたびに、脱臼するからかえってしない方がいいらしいです。
(皆さん、スイマセンッバッド(下向き矢印)
軟骨のお菓子も買ったんですが、それもあまり効果ないらしいです。

脱臼しない様に生活するのが一番なんですって。
人間の脱臼と同じで、強化する方法ってないんですって。



そして・・・下腹部の虫さされは・・・。

説明聞いてもよくわかりませんでしたが・・・。
アレルギーの一種の皮膚炎症とやらを、起こしてたらしいです。
お腹にバイ菌が入って、ニキビみたいに出ているんですって。
人間のニキビと同じで、じゅくって汁が出て来たのを、検査してくれました。
小さい子には良くあるらしいです。
抗生物質のお薬をもらいました。


毎月している、フロントラインとフィラリアもしてきました。


****************************************************************

しかし・・・ウッキウキ揺れるハートで帰って来てから、事件が起こりました。

夕食に、抗生物質と、フィラリアの薬をまぜて夕飯をあげました。
食べないので、薬とフードだけ手においてあげたら、すんなり食べてくれたんです。


したら・・・今、吐きました犬(泣)あせあせ(飛び散る汗)

フィラリアももどしたかもなぁ。。。
あぁあ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

抗生物質の薬がきつかったのかなぁ

空腹時に、一度に薬あげたからかもしれません。

抗生物質の薬は7日分あるから、明日またあげればいいけど。

フィラリアの薬は、もどしたかどうかわかんない顔(泣)

どしたらいいんだろ・・・コマッタ顔(汗)

明日病院にまた行かなきゃかもです顔(汗)
ニックネーム 佑ちゃん at 20:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 病院関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

外方脱臼(がいほうだっきゅう)

この何日間か、調べていました。
何とか改善できないか、手術を回避する方法がないかと。

調べて、UPする勇気がなかった。



【外方脱臼(膝蓋骨脱臼=しつがいこつだっきゅう)とは】

簡単に説明します。
詳しくはコチラを見て下さい→膝蓋骨脱臼


足にはお皿が、あります。
お皿は、膝の伸び縮みを、スムーズにする為にあります。
脱臼時には、内側に脱臼する子が多いそうです。
でもダックスは外側が多いらしい。

お皿はじん帯でつながっているので、脱臼すると、じん帯が伸びてしまいます。
またその脱臼の程度は、レベルT〜Wまでに分かれています。
痛みがひどい時はそれをかばって歩く為、二次疾患を招く恐れがあります。



【結果】
外方脱臼には『レベルT〜W』まであり、今のルイの状態はレベルT。
まだ可能性はある!
そして先天性じゃないかもしれない!
というのは・・・。

後天的になる場合のリストを見ると、該当する事がルイの場合たくさんあったんです(´・ω・`)

ルイは来た日から、ボールを投げてもらうのが大好きで、暴走をしまくってたんです。
フローリングで、とってこいをやり過ぎたせいかもしれません。
朝夕、10セットほど毎日やってたんですm(_ _"m)
やりすぎたかも・・・。

また、ルイの場合『レッグペルテス』の可能性もあると診断されているので、経過を見なきゃいけません。



【今後の対策と改善方法】
症状が軽い場合は、内科的療法、運動制限、体重制限。
内科的療法とは、関節軟膏強化するサプリの投与。
行き届いた飼育管理をする。
または若い元気なときに、整復手術を受ける。
しかしこれは温存療法。進行する可能性がつきまとう。
また、進行している場合、悲しいことに何回も手術している子が、たくさんいる。
両足ともに、手術している子もいました。



【まとめ】
今を維持したとしても、年齢を重ねたら手術は難しくなったりします。
そしてレベルTの間なら、まだ簡単な手術で済むらしく、思いっきり走らせてあげられる。

悪化してても、しなくても、過年とともに悪化する事があるので、お医者さんとよく相談して決めたいと思います。
そして、セカンドオピニオンも、行って決めたいと思います。

やっぱりやっぱり、走ってるワンコがとても羨ましいから!!
ニックネーム 佑ちゃん at 21:22| Comment(9) | TrackBack(0) | 病院関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

定期診断

『レッグペルテス』と『外方脱臼』と『健康診断』に、行って来ました。


【診断結果】
『レッグペルテス』は、今のところ大丈夫!
現状を保って下さいとの事。

ただ・・・『外方脱臼』は、両足にありました。
これは遺伝のものらしい。
特に右足は、このまま悪化すると、手術になります。
現状を保っても、足をかばって歩く為、今度は足の付け根に関節炎を起こすとの事。
悪化したら、生後7〜8ヶ月頃に手術する事になります。
手術した方が、ルイ自身が楽になるので、してあげた方がいいと・・・。


セカンドオピニオンという手があるので、違う病院にも診断に行ってみようと思います。
ただ、これはいつ行こう??
来月、定期診断受けた後でいいのかな?


お散歩は20〜30分にしても大丈夫になりました犬(笑)
ルイは草原だと草を食べまくるので、砂場の方がいいと言われました。
草原は、犬のフンなどの回虫をもらう恐れがあるので、草を食べないようにと。
だからアスファルトでも、まぁいいよ・・・て顔(汗)


お散歩しないとストレスも溜まるし、今度は肥満でヘルニアになったりするので、お散歩は筋肉をつける為にもして下さいと言われました。

ついでに、フィラリアと、フロントラインももらって来ました。

これからも、頑張って行きますね。
たとえ、手術になっても負けないexclamation×2


****************************************************************


今日は、初めて猫にゃん猫(笑)に会ったルイでするんるん
くんくん犬(笑)しに行ったのかわいい

070704_01.jpg
ニックネーム 佑ちゃん at 20:28| Comment(15) | TrackBack(0) | 病院関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

レッグペルテス(大腿骨頭壊死)

みなさん、ご心配おかけして、ごめんなさい。

今朝はまだびっこひいて歩いてましたが、今はびっこがマシになってきました。

安静という事なので、一部屋だけ歩いていい状態にしています。

でも遊びたくて仕方ないみたいで、『遊んで、遊んで』と、おもちゃを持って来るんですが、遊んであげられない。

ルイは、かなりイライラして吠えたりして、怒ってる犬(怒)


今日の様子がマシなので、明朝まで様子を見て病院に行こうと思ってます。
というのは、あまり焦っても今日大丈夫と言ってみらえる保証がなさそうなだからです。
安静しかない。。。

まだレッグペルテスと決まったわけではないので、今は安静に安静に・・・。

*****************************************************************

レッグペルテス(大腿骨頭壊死)とは?

Chocoママもコメして、調べてくださった通りなんです。

小型犬の成長期に多い病気で、大腿骨(太ももの骨)の骨頭(骨盤とかみ合っている骨)が骨関節炎などによって、骨が壊死する病気。
症状は4〜11ヶ月齢に発現する場合が多いが、9歳で発病してる例もある。
【発病の原因】
   ・骨端血管の外傷による血栓
   ・性ホルモンの失調
   ・遺伝的要因
治療法としては運動制限、鎮痛剤投与、関節保護サプリメントの服用。
良くなったり悪くなったりを繰り返しながら進行していきます。
ただし関節が本通りになることはないので、痛みがひどくなったり、関節が異常な形になれば手術します。
手術をすれば、治ります。

最初の病院で『大丈夫』といわれ、それでもびっこをひいて歩いていた為、3つ目の病院で『レッグヘルペス』だった事がわかり、病状が進行していた方もいました。

通院していた病院で、すぐわかって良かったのかも知れません。

ルイは小さい時(今も小さいですが)1週間に1度くらいかな。
抱き上げる時にキャンと泣いていました。
なので、今回怪しいと思ってすぐ病院に行って良かったです。

これが今回のレントゲン写真。
左右比べると、少し右足(向かって左)は関節が少しあいています。

070615_01.jpg



神様exclamation×2 ルイにこんな病気をくれないで下さい。
お願いします。

ニックネーム 佑ちゃん at 20:40| Comment(11) | TrackBack(0) | 病院関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

股関節の病気になったかも

ルイが昨夜から後ろの右足を、びっこひいて歩いてました。

足のあちこちさわっても痛がらなかった。


でも夕食時に、きゃんと叫んで、また食べてたので(ここらへんがルイらしいですが・・・)、一応病院に電話をして聞いてみました。

先天性の股関節の病気か、先天性のヒザのおサラがはずれやすい病気かもしれないと言われ、慌てて病院に行ってきました。

レントゲン写真の結果、
『レッグペルテス』または、発音違いで『レッグペルセス』という股関節の病気かもしれないらしいです。

今は、その兆候は見られないとの事。

ただし、確率は20〜30%らしい。

最悪、手術で骨格を削ることになります。


今日は、痛み止めの注射をして、帰ってきました。

明日も、病院です。

その後も、しばらく経過治療となります。


どうしよう・・・

鼻くそなんて、言ってる場合じゃなかった・・・
ニックネーム 佑ちゃん at 20:50| Comment(10) | TrackBack(0) | 病院関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

狂犬病の注射にGO!

狂犬病の注射に、行ってまいりますた犬(笑)

待合室では、私の膝から絶対下りず、大きなわんこ達をじーーっと見つめるルイ。

      フリーズ中            じーーーーっ
070602_01.jpg   070602_02.jpg



今日は、前の『萌え〜』センセじゃ、なかった(o¬ω¬o)ちぇっ

でも、今日のセンセも、
『はぁい。おクチ見せてね〜〜〜〜』ってゆーーーっくり、ゆーーーっくり、おクチとやらを優しく空ける・・・。
『はぁい。お耳見せてね〜〜〜〜』って、耳をゆーーーっくり開き、『くーん、くーん』と匂いかぐ・・・。

ここの病院のセンセは、みんな『萌え〜〜〜』なんやゎ( ̄m ̄〃)ププッ



健康診断は全てOKGood

終始、ルイは尻尾は丸めているものの、大人しい( ̄(エ) ̄)南〜無〜。
外では、賢そうに見えるぴかぴか(新しい)
ナースのお姉さんに、ペロペロし出す有様犬(笑)黒ハート

で、お注射注射

『ぅぎゃぉん』
なんか表現しにくい声をあげとりましたわーい(嬉しい顔)


今回は私一人で連れて行ったので、ちょっとビビってた所に、またビックリしてしまった。
あー怖かった(_ _。)・・・シュン。

フロントラインとフィラリアのお薬ももらいました。
今日はうんPフンを持って行くのを忘れたので、検便はナシ。



これで気兼ねなく、外に出れる!
お散歩は、こないだ2日で、やめていたんです。
でも、センセは、お散歩して良かったのにって言ってました。
夕方のお散歩時間は、他のわんこも多いので、早く慣れてほしくて焦ってたけど、我慢していました。
2〜3日したら、お散歩に出てもいいそうです♪


今日は一日安静にしてよ〜ね。ルイ黒ハート
ニックネーム 佑ちゃん at 17:53| Comment(4) | TrackBack(1) | 病院関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

抗体検査結果

PM18:20

『萌えーっ』のセンセから、電話電話がありました。
もしかしてひらめきと思ってダッシュ右斜め上で電話に飛びつきましたっ!

『抗体検査の結果、ワクチン効果が充分ありましたよ。ウフフ(*´艸) 。・:*:・』
(ウフフとは、言うてないけど、そーゆー風にしか聞こえへんも〜ん( ̄‥ ̄)笑

との事でした!!

やたーーー!!!

お散歩デビューですっexclamation×2
ニックネーム 佑ちゃん at 19:06| Comment(7) | TrackBack(0) | 病院関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

ワクチン注射・・・せず

近所の動物病院に行ってみました。

どうやら、GWやとゆーのに、えらい人気のある病院に行ってしまったみたいで、犬犬(笑)グッド(上向き矢印)犬(笑)グッド(上向き矢印)犬(笑)グッド(上向き矢印)猫(笑)グッド(上向き矢印)フェレットヤギグッド(上向き矢印)
なんや、これーーーーっΣ(T▽T;)
生フェレット、初めて見ちゃった♪
14人待ちで、1時間半も待ちました。

やっと診察室へ。。。
センセは、丸〜いお顔の『萌えーっ』風のセンセ♪
ワクチン注射はせず、ワクチンの抗体があるかを血液検査する事になりました。

先に身体検査。
目、口、全身を入〜〜〜念になでまわされ・・・。
センセが・・・おかしい。。
うふふ〜ぴかぴか(新しい)って丸い顔に、草原でも走り出しそうな、不自然な笑顔・・・バッド(下向き矢印)
安心させようとしてるんかな?
でも、笑顔が確実におかしぃ。
・・・ヘンタイっぽく見える(-A-;)
足を曲げ曲げされ、歩き方も検査。


ルイはやっぱり・・・大人しい・・・・・・震えてもいない・・・
ヘンタイセンセも、『大人しくてイイ子ですね〜。かわいぃ〜〜〜揺れるハート』って、不自然な笑顔ぴかぴか(新しい)


で、いざ足から血液を採取。
センセ二人で、足を固定されてる姿が、はんなり京風〜るんるん
なんか、色っぽい黒ハート

『きゃんっどんっ(衝撃)

・・・やっぱり☆泣いた☆

ついでに、検便とフロントラインも。
フィラリアのお薬も。
なんか前の病院より、身体検査をた〜っぷりしてくれました。
不自然な笑顔ぴかぴか(新しい)で・・・


1週間〜10日で結果が出るみたいです。
抗体がなければ、3回目のワクチンとなります。
これは、もしかしてxA、血液検査して、やっぱりワクチン接種しなあきまへーんとかで、¥がっぽり稼ぐ常套手段かもっ!?(←疑いすぎ)
ま、イイ病院やったです♪(←フォロー)
ヘンタイとかゆって、ごめんなさいm(_ _)m

3回目のワクチンしなくて済んだらいいね、ルイ♪
でも、血液検査で抗体があるか調べられるなんて、初めて知りました。

会計待ちの間に、大きい黒のフラットコーテッド・レトリバー君が、近づいて来たんですが・・・
『くんくんっ犬(笑)
ルイ動じず。。。。
『くんっ』一応挨拶猫(足)
私は挨拶がちゃんと出来て、とっても嬉しかったです☆

    これ何でしゅか?
070504_01.jpg
    これ明日飲むんだよー

    やぁだぁ〜〜〜
070504_02.jpg


ニックネーム 佑ちゃん at 19:34| Comment(7) | TrackBack(1) | 病院関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

試練の予防接種

2回目のワクチン予防接種に、行ってまいりましたー☆
接種するにあたって、いつ接種すべきなのか、けっこー悩んじゃった。

良い先生だと紹介して頂いた動物病院に30分かけて行くと、そこは・・・
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)なんてオっシャレ〜な、病院!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
先生はといと・・・とてもわかりやすく予防接種について説明して下さいまして・・・ホワイトボードまで使ってw
接種時期とか、子犬には少なからず危険な注射だから、ちょっと心配してたから、良かったんやけど(過保護すぎ?)
1回目の接種から、3〜4週間後に接種すれば良いそうで、接種後に顔がバンバンに腫れたワンコの写真なんか見せられて・・・あせあせ(飛び散る汗)
飼い主の方が完全にビビりきった時、「どうします?来週にされますか?それとも、もっとお近くの病院でされてもいいですよ?」って言われちゃって、「もう、やっちゃって下さい!」って勢い良く言うと、チョコっぽいおやつがexclamation&question
ルイは、おやつ食べたことなかったんで、見向きもせず・・・顔(汗)
でも、先生が食べさせてくれたらおいしかったみたいで、夢中でもぐもぐしている間に・・・
ぷすっ注射・・・って・・・一瞬でした。
数秒後・・・「きゃーーーーんバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)きゃん!ぎゃん」って・・・やっぱ痛かったのねたらーっ(汗)
ルイには悪いけど・・・笑っちゃったw
15分間待合室で、後遺症が出ないか待って、お家へ。
「お家に帰っても今日は安静にしていて下さいね。」
って言われたのに・・・
あかんあせあせ(飛び散る汗)元気いっぱいやバッド(下向き矢印)

いつも通り、爆走してマシタw
ま。いんだけどね・・・顔(チラッ)
ニックネーム 佑ちゃん at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする